本文へスキップ

沖縄 西表島からピーチパイン(パイナップル)・マンゴを農家直送

はこすけパイン 旬とは


パイナップルの旬の時期とはいつ?
農林水産研究総合センターで調べてみました。



ちょっと難しそうな表・・・
しかし、この表に重要なことが書いてあります!
まず、糖酸比とは何か説明します。

糖度はある程度以上あってもうま味はかわらない(ナシやミカンでは14度)が、酸は多いと酸っぱくてまずく、
少ないと「ぼけた」味になります。
例:酸度がリンゴ0.8以上では酸っぱくまずく、0.5程度で良好、0.3以下だとぼけた味になる。

糖酸比とは、可溶性固形物量(糖度計で測った糖度の数字)を酸量(酸度)で割った数字。
ミカンでは10~14、ブドウでは30以上が良いといわれ、果実の種類によって異なります。
一般に熟度が進むほど高い。
糖度酸度ともに高く、糖酸比が高い果実は濃厚な味になります。

つまり、酸味も甘みも含めた、人の感じる美味さを数値にしたものですね。
この糖酸比、18以上が食味が優れており美味いとのこと。

ソフトタッチ(ピーチパイン)は、6月中旬~9月上旬。
サマーゴールドは、6月上旬~10月上旬。
上の表では、この時期が美味い時期ということになります。

ここで注意点が1つ。
このデータは沖縄本島の名護試験場でのデータなのです。
そこで、年間の平均気温を比較してみましょう。

八重山地方
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平均最高気温 20.9 21.1 23.2 25.8 28.1 30.3 31.8 31.5 30.5 28.4 25.4 22.4
平均最低気温 16.1 16.4 18.3 21.0 23.5 26.0 27.3 26.8 25.5 23.5 20.6 17.7


名護
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平均最高気温 19.3 18.9 21.2 23.8 26.5 29.1 31.6 31.2 30.3 27.6 24.2 20.8
平均最低気温 13 13.1 15.3 17.9 20.9 24.4 26.2 25.8 24.6 21.5 18.6 14.9

つまり、名護の6月中旬は、西表島の5月下旬といった感じになりますね。
このように、大まかに照らし合わせていくと・・・
ピーチパインの旬(糖酸比18以上)の時期は・・・5月下旬~9月中旬。
サマーゴールドの旬(糖酸比18以上)の時期は・・・5月中旬~10月中旬。
となりました。
これ以上の細かい数値は、試験場のお仕事なのでご了承下さい。

しかし、このデータには抜けていることがあります。
それは台風です。
台風が来ると見た目も味も少し落ちます。(農園はこすけの経験では)
そのため、8月中旬以降はイマイチの気がしました。
高温障害といった気温の影響も重要です。

そこで、農園はこすけの考える旬とは・・・
ピーチパイン 6月上旬~8月中旬 と考えております。

(サマーゴールドは、まだ栽培年数が短いため模索中です。)


余談ですが、月と農業の話しに書かれていた一文を抜粋します。(南米のパイン農家のお話し)
パインの収穫集中期は、三日月~満月3日後。
この時期(水分の上部拡散期)は、食味が良くジューシーだそうです。
つまり、6月・7月のこの時期が旬ということでしょう。(農園はこすけの見解です)

うっすらと うっすらと パイナップルの旬が見えてきましたね。
このように、いろいろな方向から見る「目」を持つことが大切です。


農園はこすけでは、パイナップルの収穫が始まり、甘みが安定してきてから皆様に発送しております。
この発送時期は、気候の影響により、毎年同じ時期ではありません。
しかし、自信を持って、ホントのパインを皆様にお届けしたいのです。
毎年お待たせしておりますが、どうぞ楽しみにお待ち下さい。
はこすけパインは、時期も大切なのです。
心を込めて育てたパイナップル。
皆さまがお召し上がりになる、その瞬間まで 農園はこすけはこだわっております。




はこすけパイナップル・マンゴー ご注文
このページの先頭へ