本文へスキップ

沖縄 西表島からピーチパイン(パイナップル)・マンゴを農家直送

電話でのお問い合わせは090-7459-0452

メールでのお問い合わせはこちら

愛犬マルコムの悲しいお知らせ

皆さんに報告しなければなりません。
2009年2月22日 マルコムが車に轢かれ亡くなりました。



私はキビ刈りをお願いされ、マルを家において行きました。
マルは家を脱走し、星立部落のメス犬に会いに行ったようです。
その道で車に轢かれました。

西表には動物病院があります。
そこの先生に犬が轢かれていると連絡があり、駆けつけてくださいました。
その時、すでに手の施しようが無かったそうです。
先生は私の犬とはわからず、道路の脇にマルを移動してくれました。

私はとっても悲しみました。
2日たった今日、やっとマルが轢かれた場所を見に行きました。
道路の脇にマルの血と毛がついていました。
マルはしばらく道路の脇にいたのだと思います。
私が見たかったもの、それはマルを轢いた車の マルに対する優しさです。

その場所はとても見晴らしのいい場所です。
周りは田んぼです。
直線が何百メートルも続きます。
マルがいて気付かないわけはありません。
なぜ、ブレーキ跡が無いのでしょうか。

マルは逃げ出しただけで首輪はついています。
人に飼われているとすぐにわかったはずです。
なぜ、動物病院に連れて行くか、電話でもしなかったのでしょうか。

なぜ、自分が殺してしまった動物を せめて道路の脇に移動しなかったのでしょうか。

マルは10キロ以上あります。
轢いて気付かないわけはありません。
相当な衝撃だったはずです。




マルを轢く直前にブレーキを踏まない
動物病院に電話しない・連れて行かない
道路の脇に移さない
マルを轢いた人へ


マルを逃がした私も悪いと思います。
しかし、内地では考えられないスピードで一般道を走ったあなたは悪くないですか?
マルは脳震とうで気絶・負傷といったレベルではありませんでした。
法廷速度40キロをかなりオーバーしていたはずです。
私はあなたをどうこうしようとは思ってません。
ただ、マルに優しさをあげてほしかった。
マルは好きな犬に会いたかった。
あなたは好きな人に会いたくないですか?
人も犬も同じです。
愛。
愛が人をつなぎ、全てをつなぐのです。
あなたがマルに愛をあげたら、マルは愛を返すでしょう。
あなたがマルに愛をあげたら。



マルが轢かれた現場に行ってみて思いました。
40キロの標識があるのに、道路の脇を私が歩いてるのに、100キロ近くで通りすぎる車がいました。
地元の車です。
帰り道、シロハラクイナが道路脇で死んでいました。
また1つ命が奪われていました。
これが西表の現状です。




ショップ情報

農園はこすけ
生産者 矢野智大

〒907-1541
沖縄県八重山郡竹富町上原802-4
TEL.090-7459-0452
FAX.0980-85-7311
info@hakosuke.com
→ショップ案内