本文へスキップ

沖縄 西表島からピーチパイン(パイナップル)・マンゴを農家直送

ジャマイカのフルーツ サワサップ

サワサップ

一年を通してフルーツが豊富なジャマイカだから、もちろんナチュラルジュースの種類も数え切れないほどあります。
サワサップはジャマイカでよく見かける木のひとつ。
背の高いサワサップの木の枝は意外にも細く、その細い枝にいくつもの トゲトゲの緑の実がぶらさがっていて、その実の重さでいつもしなっています。
熟れて柔らかくなると、食べ頃。
実を開いてそのまま食べるのも酸っぱくて美味しく、綿のような感触。
でもやっぱりサワサップは「ジュース」が最高! 
酸っぱくてミルキーで、味はいかにもヨーグルトドリンクといった感じ。
サッパリ感が溢れていて、暑いジャマイカにぴったりの味!

サワサップジュースの作り方

熟れた実を割ってボールに果肉を取り出し、水を加えて揉みこんで、そのジュースを漉す、という作業を何度も繰り返してジュースを確保。
そこにジャマイカの人はコンデンスミルク(牛乳の場合も!)と砂糖と生姜とライム を入れて、味付け。
それぞれの家で、いろんなブレンドがありますが、できあがりはとても濃厚で、ジュースと呼ぶよりネクターといった感じでコッテリ、なのにライムとサワサップの酸味でサッパリな不思議な味。
体の中に柑橘系の すっきりしたフレーバが浸透していくようで本当に美味しい!

サワサップの効用

サワサップの実は小さいものでソフトボールくらい、大きいものではラグビーボールくらいの大きさになるものもあります。
西インド諸国、中央・南アメリカが原産のサワサップは、ビタミンB・C、カルシウム、ミネラルを多く含んでいます。
活躍するのは実だけでなく、葉っぱにも薬効がたくさん。
この葉っぱをベッドやまくらの周りに置いておくだけで、快適な安眠が得られます! 
この葉で出したお茶は、腎臓や胆嚢の疾患に効果があり、さらに強心効果も抜群と言われています。


参考ジャマイカ のABガイド