本文へスキップ

沖縄 西表島からピーチパイン(パイナップル)・マンゴを農家直送

パイナップルの由来・歴史

パイナップル(パイン) pineapple とは

分類 パイナップル科アナナス属
原産地 ブラジル地方
シーズン 通年
主な産地(輸入先) フィリピン、台湾、アメリカ
日本や英語圏では、松かさ(パイコーン)のような形と、りんご(アップル)のような甘い風味があることから
パインアップルと呼ばれております
フランスやドイツ、ポルトガル、スペインなどでは、「アナナス」といいます。
これは、パイナップルがポルトガル人によって最初に発見されたとき、
現地の住民がパイナップルを「亀の実」を意味する「ナナス」といったことに始まり、
そこにポルトガル語の接頭辞「ア」がつき「アナナス」となりました。
このように、農園はこすけの名前「はこすけ」の名前は、アナナスの語源「ナナス(亀の実)」にも繋がっております。


日本で販売されているのはほとんどが輸入品で、フィリピン産が8割以上になります。
国内産は主に沖縄産で5~8月に出回ります。
酢豚にパイナップルが使われるのは、ヨーロッパ人向けの味付けにしたため、といわれています。
パインに含まれるタンパク質分解酵素「ブロメライン」がお肉をやわらかくすると言われてます。
しかし、タンパク質分解酵素は熱に弱くパインとお肉を加熱しても意味がありません。
下処理としてパインを肉に漬け込むと柔らかくなります。

パインの歴史

パイナップルは1000年以上前にブラジル南部、アルゼンチン北部、パラグアイにかけた地域で栽培されていました。
そして1493年にコロンブスの第2 次探検隊が西インド諸島でパイナップルを発見。
大航海時代の波に乗り、16世紀にはスペイン、アフリカ、アジア、フィリピンなどにも渡来しました。
日本には江戸時代末期にオランダ船によって運ばれたといわれ、本格的に栽培が始まったのは1930年頃です。

パインの栄養・効用

主な栄養成分(可食部100g中)
  マンガン(0.76mg)、ビタミンB1(0.08mg)、カリウム(150mg)

注目成分
   ブロメライン

主な効能
   疲労回復、消化促進、高血圧予防、動脈硬化予防、脳梗塞予防、心筋梗塞予防


パイナップルにはマンガンとビタミンB1が比較的多く含まれています。
マンガンは骨や間接の形成やエネルギー生成などに働き、ビタミンB1は疲労回復に役立ちます。
カリウムも多く含まれているので高血圧予防や動脈硬化予防などに効果が期待できます。

パイナップルの果汁には「ブロメライン」というタンパク質分解酵素が含まれいます。
(※ブロメラインは加熱すると失われます)
果実には針状結晶の「シュウ酸カルシウム」が含まれていて、舌がヒリヒ リすることがあります。
食べた後、飲み物を飲めば大丈夫です。

パイナップルのカロリー・成分

エネルギー(kcal) 51.0 レチノール当量(μg) 5 ナトリウム(mg) 0
水分(g) 85.5 ※レチノール(μg) 0 カリウム(mg) 150
たんぱく質(g) 0.6 ※カロテン(μg) 30 カルシウム(mg) 10
脂質(g) 0.1 ビタミンD(μg) 0 マグネシウム(mg) 14
※飽和脂肪酸(g) 0.00 ビタミンE(mg) 0.0 リン(mg) 9
※一価不飽和脂肪酸(g) 0.00 ビタミンK(μg) 0 鉄(mg) 0.2
多価不飽和脂肪酸(g) 0.00 ビタミンB1(mg) 0.08 亜鉛(mg) 0.1
※コレステロール(mg) 0 ビタミンB2(mg) 0.02 銅(mg) 0.11
炭水化物(g) 13.4 ビタミンB6(mg) 0.08 マンガン(mg) 0.76
※食物繊維(g) 1.5 ビタミンB12(μg) 0.0  
※※水溶性食物繊維(g) 0.1 葉酸(μg) 11
※※不溶性食物繊維(g) 1.4 ナイアシン(mg) 0.2
食塩相当量(g) 0.0 パントテン酸(mg) 0.28
廃棄量(%) 45 ビタミンC(mg) 27
※100g当たりに含まれる栄養成分の量です。
五訂日本食品標準成分表より抜粋


蛋白質(g) 0.6 含硫アミノ酸合計(mg) 31
N量(g) 0.096 含硫アミノ酸 シスチン(mg) 20
脂肪族アミノ酸 グリシン(mg) 22 ●メチオニン(mg) 11
アラニン(mg) 34 芳香族アミノ酸(mg) 29
分岐鎖アミノ酸 ●バリン(mg) 23 芳香族アミノ酸 ●フェニルアラニン(mg) 15
●イソロイシン(mg) 18 チロシン(mg) 14
●ロイシン(mg) 24 複素環式アミノ酸 ●トリプトファン(mg) 7
ヒドロキシアミノ酸 セリン(mg) 31 ●ヒスチジン(mg) 12
●スレオニン(mg) 17 酸性アミノ酸 アスパラギン酸(mg) 115
塩基性アミノ酸 ●リジン(mg) 24 グルタミン酸(mg) 61
アルギニン(mg) 16 イミノ酸 プロリン(mg) 17
※100g中に含有される標準栄養成分です。
※●は必須脂肪酸。
改訂日本食品アミノ酸組成表 より抜粋



ホントのパイナップル・マンゴー ご注文