本文へスキップ

沖縄 西表島からピーチパイン(パイナップル)・マンゴを農家直送

プレミアムはこすけパイン

プレミアムはこすけパインとは

化学肥料だけが、できること。
有機肥料だけが、できること。

適切なものを、適切なときに、適切な方法で与える。

この3つが、絶妙なバランスで合わさったとき。

少ない化学肥料で
少ない有機肥料で
大きな自然の力で
特別なパインが実ります。



プレミアム はこすけパイン
新たなアイディアで常に進化する 最新はこすけ農法で育てました。


 2017年 プレミアムはこすけパイン【化学肥料 9割減(慣行比)】   

  化成肥料 70 kg 1回 70kg*12/100 = 8.4 kg      
  住友液肥10-5-8 7 kg 2回 14kg*10/100 = 1.4 kg      
  花芽促進 4.5 kg 1回 4.5kg*46/100 = 2.07 kg

  合計 11.87kgN/10a
  ※最新はこすけ農法は、常に試験観察し、上記数値は変化します。
  プレミアムはこすけパインは、慣行比 9割減 11.87kgN/10a  
  はこすけパインは、慣行比 7割減 32.3kgN/10aです。


最初の肥料の、堆肥と化学肥料のバランス。    
堆肥の効果は、化学肥料を併用することで最大限に現れました。
今後はバランスを調整します。

 最終肥料に化学肥料を施肥する。    
2・3ヵ月後の肥料切れのタイミングに、開花促進させる。
肥料切れ状態で熟すことで、美味しい果実になります。

ボカシ肥料を作る。    
ボカシ肥料がメインの肥料になります。    
地元ライスセンターから米ヌカを購入します。        
この地の菌も種にして発酵させることにより、さらなる効果を狙います。

堆肥は地元堆肥センターから購入。    
輸送コストを減らすことも、有機肥料を使用するのと同じくらい大切です。




大切なのは有機農法や慣行農法、自然農法
その他全ての農法の長所を取り入れ、
環境への負荷を減らし持続可能な農産物を育てていくことです。


はこすけパインとプレミアムはこすけパインは何が違うの?



はこすけパイナップル・マンゴー ご注文

このページの先頭へ