本文へスキップ

沖縄 西表島からピーチパイン(パイナップル)・マンゴを農家直送

大きくてキレイな理由

大きくてキレイなワケ

スーパーに並ぶ、野菜・果物。
これらは、どんな栽培法で育てられたのでしょうか?





世の中に出回る農産物のほとんどは、慣行農法(農業の教科書に沿った育て方)です。
それでは、慣行農法とは一体何なのでしょうか?

化学肥料を多投し、農薬をまき、除草剤をまく。
畑には草1つ生えず、育てている植物のみが、整然と青々と育つ。
土を見てみると、日差しも雨も直接当たり、カチカチでツルツルです。


なぜ、化学肥料を多投するのでしょうか?
なぜ、農薬をまくのでしょうか?
なぜ、除草剤をまくのでしょうか?





この疑問の答えには、共通点があります。

全ては、効率の良い方法なのです。
少ない労力で、大きな収量を得る。
土に触れる時間を減らし、大きな実をたくさん得る。
効率の良い農業=慣行農法というわけです。





効率の良い農業=慣行農法。
そうやって育てられた農産物が、スーパーに並ぶ、皆さまが普段見かける野菜・果物です。


はこすけパインは、化学肥料を限界まで減らし育てています。
大玉は少なく、中・小玉中心になります。






はこすけパイナップル・マンゴー ご注文

このページの先頭へ