本文へスキップ

沖縄 西表島からピーチパイン(パイナップル)・マンゴを農家直送

2009年 お客さま郵送パンフレット

愛犬マルコムと育てたピーチパイン。
マルコムのために、私ができることを頑張りました。


 



 2009年 商品同封パンフレット

 

山の中にある畑 聞こえるのは自然の声だけです。
でも、その声はとってもにぎやか。
「自然の中に人がいる」ということを強く感じます。
自然とどう付き合うかが、西表島の農業のポイントだと思いました。
私は自分の畑をやるだけではありません。
パインや野菜を1人で育てている おじい・おばあがいます。
しかし、畑は力仕事。
私は、いくつかの農家の手伝いもしております。
おじい・おばあの作り上げた農業を絶やしたくないからです。
そして、おじい・おばあの経験を少しでも自分のものにしたいです。
「この山には昔タケノコ採りに来た」とか「そろそろモズクの時期だ」などなど、
島で暮らす知恵を教えてもらいました。
農園はこすけのパインは、私とマルコム(犬)の2人で育てました。
畑の周囲には野生のイノシシがたくさんいます。
私が草取りしている時、マルコムは畑の周囲でイノシシを追いかけます。
マルコムのおかげでイノシシの被害が無く、また自然にも恵まれ,順調に育てることができました。
1人でも多くの方に、ホントのパインを知ってもらえたらと思います。